忍者ブログ

アガートラーム

指輪物語(ホビットの冒険、シルマリルの物語)とその世界、人物についての萌え語りブログです。原作や映画の感想の他、二次創作的妄想な話題を含む予定。

『ホビットの冒険』読み返し(『19もとの古巣』まで)

15章以降の所は読んでいて辛いので一つにまとめてしまいました。
15章『雲がよりつどう時』。トーリンファンには辛い展開の始まりです…。バルドとトーリンの交渉決裂。この段階ではビルボはまだトーリン達の側にいますね。
大ガラスの、カークの息子ロアークはここで登場。トーリンと話をします。

16章『ま夜中のとりひき』。ロアークを通して連絡を取り合うトーリンとダイン。ここでビルボはバルド達とアーケン石を持ち出し交渉する為にボンブールを騙して抜け出す訳ですが、取り引きが終わって戻る時のビルボの台詞が好きです。「ま夜中にあのボンブールをおこすと約束しております。」かっこいい。

17章『雲がふきちる時』。ビルボがトーリン陣営を去り、ダインの軍が到着していよいよ人間&エルフVSドワーフでの戦いが始まりそうになりますが、そこにゴブリン軍の強襲。三軍が協力して迎え撃つ事に、
『雲がよりつどう時』と対になったタイトルですが、ここでいう『雲』は人々の心の不和とかそういったものを指しているのでしょうか?

18章『帰りの旅』。気絶したビルボが目覚めてから、トーリンとの別れ、ビヨルンの戦いぶりの懐古、ダインによる財産分配の様子。ここは本当に泣けます。
「しかもあの人は、いま、アーケン石を手にいれているのだから。」…ダインの台詞。『ホビットの冒険』の中でダインの台詞があるのはここだけなのですが、どんな想いで言ったのだろうと考えてしまいます。ダインのトーリンに対する感情はどのようなものだったのでしょう。彼の真意が読めない。
帰りの旅はガンダルフとビルボとビヨルンで。エルフ王には舘に寄るよう誘われるが、断って森の北を迂回する道を取ることに。
別れる際ビルボはエルフ王に真珠の首飾りを渡す訳ですが、これってつまり館での無銭飲食のお詫びなんですよね。エルフ王もそのこのに気付いているような口ぶりです。
ビヨルンの家には寄って、しばらくそこに留まります。

そして最後の19章、『もとの古巣』。帰りの道は結構長い旅だったらしいです。裂け谷についたのは5月1日。ホビット庄に着いたのは6月22日、夏至ですね。
数年後にバーリンとガンダルフが訪ねてきて、ビルボと会話をする場面で終わります。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
たう
性別:
非公開
自己紹介:
主にエルフとドワーフのコンビに萌えています。でもみんな好き。

バーコード

ブログ内検索

P R