忍者ブログ

アガートラーム

指輪物語(ホビットの冒険、シルマリルの物語)とその世界、人物についての萌え語りブログです。原作や映画の感想の他、二次創作的妄想な話題を含む予定。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

同じ様な気持ちです。

原作は原作、映画は映画と割切ろうと思っていても、これはなんだったんだろう感が強い映画でした。ドワーフファンとしてはあまりの扱いにこのシリーズはさらに辛かったですし、無理やり前作に繋げた感が強くって、結局1度しか見に行きませんでした。

コメントありがとうございます

初めましてkuyoh様

あまりに個人的な感想でしたが、コメント本当にありがとうございます。
ドワーフ好きだと辛かったですよね、色々と。
批判的な感想は書かない方がいいのかなとも思いますし、興行成績的には成功したようなのでこの作り方が間違っていたなどとは言えないのですが。
少なくとも私にとっては、残念ながら感動できるような最終作ではありませんでした。
勿論、一作目から通してみればよかった部分も沢山ありますしこうして映画として彼等の姿を見られた事には感謝してもいるのですが。

映画ホビット第三部感想

BoFAに捧げる言葉。『画竜点睛を欠く』。

一言で言うと、まぁそんな感じです。

この映画に個人的に点数をつけるなら。トールキンファンとしては70点。原作ホビットファンとしては50点。トーリンファンとしては0点。
ケレブリンボールの生涯を描いた映画を観に言ったら旗印シーンがカットされてた、ような気持ちになりました。私にとってこの映画はまさに画竜点睛を欠いていたんですよ……。
私がトーリンファンでなければもっと別の感想があったとは思いますが、事実としてトーリン二世が一番好きな為、客観的な意見を装うのは却ってフェアじゃないかなーと。なので、素直に点数をつけるなら0点です。トーリンの物語を描く上で一番大切だと思う場面が描かれていませんでした。これでは他の部分がどんなに良くとも評価に値しません。
終わってしまったものにごちゃごちゃ言ってももうどうしようもないですし、EEについては私はあくまで特典としてしか捉えていませんので。もう全ては終わってしまった事なのですよね。このシリーズの終わりを純粋に惜しむ事はできなくなってしまいました。今は妙に冷めた気持ちでいます。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

同じ様な気持ちです。

原作は原作、映画は映画と割切ろうと思っていても、これはなんだったんだろう感が強い映画でした。ドワーフファンとしてはあまりの扱いにこのシリーズはさらに辛かったですし、無理やり前作に繋げた感が強くって、結局1度しか見に行きませんでした。

コメントありがとうございます

初めましてkuyoh様

あまりに個人的な感想でしたが、コメント本当にありがとうございます。
ドワーフ好きだと辛かったですよね、色々と。
批判的な感想は書かない方がいいのかなとも思いますし、興行成績的には成功したようなのでこの作り方が間違っていたなどとは言えないのですが。
少なくとも私にとっては、残念ながら感動できるような最終作ではありませんでした。
勿論、一作目から通してみればよかった部分も沢山ありますしこうして映画として彼等の姿を見られた事には感謝してもいるのですが。

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
たう
性別:
非公開
自己紹介:
主にエルフとドワーフのコンビに萌えています。でもみんな好き。

バーコード

ブログ内検索

P R