忍者ブログ

アガートラーム

指輪物語(ホビットの冒険、シルマリルの物語)とその世界、人物についての萌え語りブログです。原作や映画の感想の他、二次創作的妄想な話題を含む予定。

クルフィンウェ・アタリンケ



お父上。ブログにもとっくに上げたと思っていましたがまだ上げていませんでしたっけ……?あれ?
TwitterやTumblrの方には上げていたのですが。
ともあれ、他の兄弟と同時期(2013年の12月頃)に描いたクルフィン父さんです。

クルフィンについてはケレブリンボールの父だからというだけでなく、エオルさんとの会話での性格の悪さにどうしようもなく惚れたのでもう本当に大好きです。あの捻じれまくった性格の悪さはフェアノールにも勝ると思います。マイグリンの章でのエオルさんとクルフィンの会話はシルマリルの物語で一番好きな場面です。なんであんな会話なんですかねぇ……読む度に笑えて楽しいのですが。「許しは与えるが愛は与えぬ」って、最高ですよ大好きです。
なんでクルフィンはあんな性格になったんでしょう。他の兄弟は苛烈だったりしてももっと真っ直ぐな感じですのに。クルフィンはフェアノール分の一番濃い所を受け継いだ結果なのでしょうか。
私はフェアノール・クルフィン・ケレブリンボールについては敢えて描き分けをせずに全く同じ容姿で描いています(元々そうじゃなくとも描き分けができていないという気もしますがー)。表情と服装だけで差がついている感じ。で、クルフィン個人のイメージカラーは黒。
同じように奥さんと別れたマグロールは指輪を外していませんが、クルフィンとカランシアは外しているイメージです。
個人的に、クルフィンの奥さんについてはどうも実感が沸かないのですが、それは名前が出て来ないからなのかなーと思います。フェアノールの叛乱に加担する事を拒みフィナルフィンの元に留まったという辺り、人格の描写は結構はっきりしているんですけどね。しかしそれでもどうしてもいまいち実態が掴めない。同じようなポジションでも名前が出ているエレンウェやアマリエの方は実態が掴めるのですが、その違いはやはり名前があるかないのかなのかなーと。
(あくまで私の脳内設定ですが、クルフィンの奥さんはミーリエル・セリンデの血縁の銀髪ノルドールだと思っています。ケレブリンボールがフェアノールにそっくりなのは血が濃縮された結果だという脳内妄想。)
なのでやっぱりテルハールとセットのクルフィンが好きです。エルフとドワーフとのカップリング大好き。幼少時のケレブリンボールを連れてノグロドに行っていたらいいと思いますよ!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
たう
性別:
非公開
自己紹介:
主にエルフとドワーフのコンビに萌えています。でもみんな好き。

バーコード

ブログ内検索

P R