忍者ブログ

アガートラーム

指輪物語(ホビットの冒険、シルマリルの物語)とその世界、人物についての萌え語りブログです。原作や映画の感想の他、二次創作的妄想な話題を含む予定。

ベレグとネルラス

えーと、捏造っていうか妄想なんですけれど。ベレグとネルラスのカップリングが好きです!!
共にドリアスでのトゥーリンを見守り愛したエルフ二人。

ベレグ&ネルラスのここが好き!!
・ベレグがネルラスに言った台詞「泣くことはないのだよ」の優しさ
・トゥーリンを挟んで仲良くしていると楽しい
・二人とも平民エルフ同士。逆にレア
・ネルラスのその後が不明なので想像の余地がある所

終わらざりし物語のフーリンの子らの物語のベレグの台詞「泣くことはないのだよ」を読んだ瞬間から、この二人絶対お似合いですよね!!!と思って今に至る訳です。トゥーリンを連れ戻す事を、ネルラスに誓うベレグ。あの台詞が何とも優しい雰囲気で、一目見てこの組み合わせが好きになりました。ベレグがトゥーリンを連れ戻そうとするのはネルラスのためでもあるとしか思えなかったので。心配に打ち震えながらベレグを見送るネルラスに、トゥーリンを連れて帰ると誓うベレグの図を想像すると映画の一場面のようで溜らないです。
シンゴルとメリアンがトゥーリンにとっての義理の両親なら、ベレグとネルラスは義理の兄夫婦みたいな感じだったら嬉しいです。
作中では高貴な姫君エルフは多数登場しても、王族でない庶民の女性エルフは割と少ないので、そういう点でもネルラスは貴重な存在だと思います。緑や茶系統の地味可愛い服装をしていたらいいなーと思います。ネルラスはおとなしい性格ですが有事ともなれば戦うんじゃないかと思うので、その際には映画のタウリエルみたいな戦闘シーンを見せていても嬉しいです。ネルラスの武器は普通に弓でもいいですが個人的には手斧のイメージ。
結局作中でベレグはトゥーリンとの旅の途中で死んでしまいネルラスに再会する事はありませんが、エルフ同士だからいずれ西で再会する事が可能なので気楽といえば気楽です。
(ダゴール・ダグラスのその日には、トゥーリンとの再会も叶うのでしょう。)
ネルラスの生死についての情報はありませんが個人的には、人間の詩人ディーアハヴェルがナルン・イ・ヒーン・フーリンを作る際に様々なエルフや人間から話を聞いたらしいのでその中にネルラスも入っていたのではないかと思っています。つまり、ネルラスは二度のドリアス襲撃を生き延びてシリオンの港へ行きそこでディーアハヴェルとも知り合ったのかなと。さらにその後については、フェアノール家によるシリオン襲撃で死亡or第一紀末まで生き延びて西行きor第二紀まで中つ国へ残るのどれかでしょうけれど多分三番目はないかなーと。シリオン襲撃で死亡か第一紀末に西行きかのどちらかでしょう。どちらかというとシリオン襲撃で死亡の方が運命の悲劇を感じさせて、トゥーリンに関わったエルフの最後には相応しい気がします。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
たう
性別:
非公開
自己紹介:
主にエルフとドワーフのコンビに萌えています。でもみんな好き。

バーコード

ブログ内検索

P R