忍者ブログ

アガートラーム

指輪物語(ホビットの冒険、シルマリルの物語)とその世界、人物についての萌え語りブログです。原作や映画の感想の他、二次創作的妄想な話題を含む予定。

EP8への道しるべ

フィンを演ずるジョン・ボイエガ君が、Varietyという雑誌の記者に、STAR WARS EP8への展望について語ったらしいです。
http://variety.com/2016/film/news/star-wars-episode-viii-darker-bigger-john-boyega-1201774027/


この記事によるとフィンとレイとの間にロマンスを期待している記者に対し、ボイエガ君は「それはない、二人は"Just friends"」と言い切っています。
記者が、「次の映画でロマンスに発展する可能性」について質問した時にも、自分とデイジーはそのようなつもりで演じてはいなかった、と答えています。うーん、あれだけ情感たっぷりにお互いを思いやる様子を見せていたというのにそこには一切そういうつもりはなかった、と。びっくりです。演技力が有り過ぎて迫真に迫り過ぎちゃったんでしょうか。
ボイエガ君曰く、フィンはストームトルーパーだった為そういった感情がなく、ロマンスのようなものがあるなら次の映画で、と言っています。しかも、みんなが期待するような方向性ではないよ、と言っている事からポーフィンもおそらく有り得ません。この言い方は明らかに、フィンと新キャラとの恋愛を含意するものなのですが……。

しかしネタバレはしないと言いながら、フィンのロマンスの相手はレイではなく他にいると言い切ってしまうというのはどうなんですかボイエガ君。それともフィンとレイが"just friends"である事は自明の理でありもはやネタバレにも当たらないという判断なんですかねえ。ボイエガ君はあくまで役者であり監督ではないから真実は知らない、という可能性もありますが。

そして別の場所ではボイエガ君は、EP8で新キャラクターを演じるKelly Marie Tranについて非常に高く評価した言葉を残しています。
http://www.vulture.com/2016/05/john-boyega-discusses-his-new-star-wars-co-star.html?mid=twitter_vulture

真偽のほどは怪しいものの、"Echoes of the Dark Side"をタイトルとしたEP8のリーク記事も上がっていて、そこではレイは選ばれし者でアナキンの生まれ変わりだとかヘイデン・クリステンセンがアナキンの霊体役で出てくるとか共和国の都市はシールドで守られているだとかの情報の他、フィンと新キャラ"Chala"とのロマンスも言及されています。
まぁ、この情報自体の真偽はかなり怪しいとは思っていますが、仮にこれが嘘バレだったからといってすなわちフィンと新キャラとロマンスが否定される訳ではないというのが何とも。

これらの事前情報を見る限りではEP8は公開後のネタバレをしっかりチェックするまで観に行かない事にしようと思いました。そしてそのままさよならしようかと。それくらいがっかりする情報が続いています。STAR WARSに関しては、何とも短い夢でしたね。
(まだフィンレイの可能性が否定された訳じゃない!と希望を持つ人々もいるようですが、正直この状況でそんな希望を持つのにも疲れました。)

まあ、恋愛メインの話じゃないと言えばそうなのでしょうし、誰と誰がくっつくかにばかり気を取られている自分はバカだなーとは思いますが。元々STAR WARSファンという訳でもなかったですし、それを理由に離れても別にいいですよね。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
たう
性別:
非公開
自己紹介:
主にエルフとドワーフのコンビに萌えています。でもみんな好き。

バーコード

ブログ内検索

P R