忍者ブログ

アガートラーム

指輪物語(ホビットの冒険、シルマリルの物語)とその世界、人物についての萌え語りブログです。原作や映画の感想の他、二次創作的妄想な話題を含む予定。

『ホビットの冒険』読み返し(『6 一難去ってまた一難』まで)

原作のホビットの冒険は以前にも通して読んでいたのですが、映画公開を機に新たに読み返してみました。原書で読んでみたい気もしますがとりあえずは日本語訳、岩波少年文庫版。
ワシの王が出て来たあたり(6 一難去ってまた一難)まで読みました。
原作だとドーリが、ビルボを担ぐ係としてかなり目立っているんですね。
ビルボのお母さんはトゥック家のさん美人姉妹の一人ベラドンナ・トゥック。ビルボの父バンゴは彼女のために大分お金を遣って、贅沢なホビット穴を作ったとか。
ドワーフ達の楽器担当はキーリとフィーリが小さなヴァイオリン、ドーリとノーリとオーリが笛、ボンブールは太鼓、ビフールとボフールはクラリネット、ドワーリンとバーリンは大きなヴィオラ、トーリンが金のハープ。
原作ではスマウグのエレボール襲撃の際、トーリンは遠出していたので無事だったそうな。それでスロールとスラインは秘密の抜け穴を通って脱出してきたのですがトーリンにはその場所が分からずじまい。
原作では一行がエルロンドの館に滞在したのは14日。映画だと一晩で去った印象でしたが結構長居していたらしい。エルフ達の夏至の祭りを見た翌日に出発。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
たう
性別:
非公開
自己紹介:
主にエルフとドワーフのコンビに萌えています。でもみんな好き。

バーコード

ブログ内検索

P R